世の中の様々なネタを考察していくブログです。

亀の甲羅に感覚はあるの?構造と割れたらどうなるのかについても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

亀ってかわいいですよね。

亀によっては甲羅をなでると気持ちよさそうにするなんて言う飼い主さんも。

そんなエピソードを聞くと

  • 亀の甲羅って感覚あるのかな?
  • 万が一割れたらどうなっちゃうの?

なんてことが気になる人も多いようです。
今回はそんな疑問の答えをご紹介しようと思います。

亀の甲羅に感覚はある

まず、亀の甲羅に感覚はあるのかについてです。
結論として亀の甲羅はそこまで鋭敏ではないものの感覚はあります

これを理解するのには、実はちょっと特殊な構造をしている亀の甲羅について理解する必要があります。

カメの形態上の最大の特徴は、甲羅を持つことである。甲羅は脊椎や肋骨と一体の甲板(骨甲板)と、鱗からなる甲板(角質甲板)の2つの甲板で構成される。

引用 Wikipedia

亀の甲羅の表面は角質甲板と呼ばれ、人間に例えると爪のようなものです。
ですので、この甲板には感覚はありません。

しかし甲板直下の骨甲板部分は脊椎と肋骨によって成り立っており、血管や神経も通っています。
なので甲板直下の骨甲板には感覚があります。

人間は爪の表面に感覚はありませんが、爪を押されると押されていることはわかりますよね?
亀の甲羅も似たようなイメージで、亀も甲羅を押されたりすれば感覚でわかると言われています。

また、甲板と甲板の間には継ぎ目がありますが、ここは直下の神経に一番近い部分ですので感覚があったり、場合によっては痛みを感じたりする可能性もあります。


上記のツイートでは、亀の甲羅の継ぎ目を爪でこすっているようですが、明らかに反応を示しています。

ですので、亀の甲羅にも箇所によってある程度の感覚があると理解して、大切に扱ってあげましょう。

亀の甲羅が割れるとどうなるの?

上記までの説明でなんとなく感覚は分かっていただけたとは思いますが、亀の甲羅の表面下には神経や血管が通っていますので内蔵の延長と言ってもよいです。

よって、亀の甲羅が割れることは亀にとって致命傷です。
亀と触れ合う際は亀を高いところから落ちないよう注意する、といった配慮はしてあげましょう。

まとめ

まとめると、

  • 亀の甲羅は感覚があり、継ぎ目部分はより感覚が強い。
  • 亀の甲羅は内蔵の延長のため、万が一割れたら致命傷になってしまう。

でした。
亀の甲羅は大切に扱ってあげましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.