世の中の様々なネタを考察していくブログです。

オリンピックチケット転売の相場価格はいくら?抜け道や罰則・ペナルティも

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

東京オリンピック2020のチケットが予想以上に高いと話題になっています。

そこで次に話題になったのが「転売されたらさらに高値がつくのではないか?」ということです。

そもそも東京オリンピックのチケット転売は禁止されているのですが、仮に転売された場合どのくらいの値段になっていたのか予想してみました。

また、転売の抜け道の有無・罰則やペナルティはどうなっているのかなどまとめてみました。

東京オリンピック2020・チケット転売の相場価格は?

まずは東京オリンピック2020でのチケット定価の最高価格は開会式の30万円です。

そもそも定価からしてとんでもなく高いですよね!

定価の高さの理由や過去大会との比較については別記事にてまとめています。

オリンピックのチケット転売は禁止されているわけなんですが、仮に転売されていたらどのくらいの値段がついていたのでしょう。

 

チケットの転売について調べてみたところ、主に高値で取引されているのはジャニーズのチケットらしく、その相場は4倍~10倍らしいです。

仮にこの30万円のチケットが転売された場合は120万円~300万円の値段が付くと予想できます。

日本のオリンピックの開会式というプレミアから考えてもMAXの相場の300万円くらいの値はつきそう。

転売の抜け道はある?

そもそも転売はどうやっても不可能なのか、

  1. 一般的なチケット不正転売禁止法の定義
  2. オリンピックチケット転売禁止の定義

の2つの観点から調べてみました。

一般的なチケット不正転売禁止法の定義

2019年6月に「チケット不正転売禁止法」が施工されました。

これはどういう法律なのかポイントをまとめると

  • チケットを不正転売(※)すること
  • 不正転売を目的としてチケットを仕入れること

※不正転売の定義・・・反復継続の意思がある有償譲渡で、定価を超える価格で販売すること

要約すると

「チケット転売で儲け続けてやろうという魂胆で定価以上の販売するのはNGだよ!また転売目的でチケット買い占めるのも有罪ね!」

という意味です。

ここで気になるのが、急に行けなくなっちゃったからチケットを転売したい!という場合も禁止法に抵触するかですが、「反復継続の意思がある」がなければOKですが「定価以上の販売」はNGという考え方になります。

つまり一般的に法律の観点で見ても定価以上でチケットを販売したらそれだけで罪に問われるということになります。

オリンピックチケットの転売禁止の定義

さらに今回のオリンピック委員会は転売サイトについても、制限をかけています。

現在公表されているのは、

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • ラクマ

これらのサイトでのオリンピックチケットは定価以下であろうが出品自体禁止ということのようです。

上記以外のサイトならOKというよりかは、基本的には公式リセールサービスでのやりとりしか認めません、というトーンのようですので注意する必要があります。

上記の観点から考察するに、オリンピックチケット転売にあたっての抜け道はないと言っていいでしょう。

2019年6月の不正転売禁止法施行後である現在は、不正転売が見つかれば有無を言わさず有罪です。

転売時の罰則・ペナルティ

実際に転売禁止法に抵触した場合の罰則やペナルティはどのくらいなのかというと、

  1. 1年以下の懲役
  2. 100万円以下の罰金
  3. またはその両方

ということになっているようです。

明らかに転売に対して得られる利益として見合わないリスクと言えますね。

転売したらどのくらいまで価格が高騰するのか興味本位で知りたかった気はしますが・・・今回のオリンピックチケットが実際に転売されることはないでしょう。

まとめ

今回の記事をまとめると、

  • 仮にオリンピックチケットが転売されたとしたら、最高額のチケットには120万円~300万円ほどの値段がつくと予想される
  • 2019年6月のチケット不正転売禁止法の施工によって、転売の抜け道はなくなった
  • 不正転売発覚時の罰則は1年以下の懲役または100万円以下の罰金か、その両方となっている

でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.