世の中の様々なネタを考察していくブログです。

岸本斉史はなぜサムライ8を作画しない?大久保彰が描いている理由についても

2019/05/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

NARUTOの原作者・岸本斉史先生の新連載「サムライ8 八丸伝」(読み方:サムライエイト ハチマルデン)が発表されました!

また岸本斉史先生の漫画が読めるのか…と嬉しく思いましたが、岸本斉史先生は原作担当で作画は担当されないとのこと。

作画担当はどうやら大久保彰さんという方のようです。

なぜあんなに絵の上手い岸本斉史先生が作画をしないのか、今回調べてみたところ、理由が判明しましたのでご紹介していきます。

岸本斉史先生はなぜ新連載・サムライ8の作画をしない?絵を描かない理由は複数あった

岸本斉史先生はなぜ新連載・サムライ8の作画をしないんでしょうか?

ファンからも同様の疑問が寄せられています。

色々と調べてみたところいくつかの理由が判明しました。

【理由1】年齢的な問題

岸本斉史先生もかなり期間NARUTOを連載していたため、もはや漫画界の大御所で現在44歳です。

週刊連載が辛い年齢と言ってもさして違和感はありません。

実際にサムライ8の連載インタビューでも以下のように語っています。

「SFも好きなので侍ものとSFものの両方を描きたいなと思っていたんですが、年齢的にもそんなに作品をポンポン作るのは無理ですし『それだったら混ぜちゃえば一度に両方描けるな』って考えたんです。
(中略)

「週刊連載で絵まで自分で描くとなると、確実に締め切りを守れないというのがこれまでのデータからわかっていたんです」
出典 natalie.mu

やはり現在の年齢からいって、もうご自身の漫画家人生はそう長くはないとは思っているようですね。

後段の発言については、

でもNARUTOの頃は締め切り守れていたのでは?

と思いましたが、もう今の歳では作画まで担当して週刊連載はもうキツイ。
逆にNARUTOの連載経験からそう思った、という部分もあるのかもしれません。

【理由2】次世代の漫画家を育てるため

依然からネットで有力だった説が、「次世代の漫画家に継承するため」ではないかとする説です。

岸本斉史先生の作品「NARUTO」では、「~代目火影」などに代表される、世代を超えて継承される力が各所に描かれています。

漫画には原作者の心の内が投影されることが多いですから、岸本斉史先生が現実でもNARUTO達のように次世代の漫画家を育てようと考えていても不思議ではないですよね。

そしてこの説は次の理由3を考察する中でより現実味を帯びました。

【理由3】作画担当・大久保彰の画力を信頼しているから

サムライ8の作画担当・大久保彰さんは、岸本先生自ら強く推薦されたという経緯があるそうです。


サムライ8の告知動画を見てもその画力は間違いなく一級品です。

さらに大久保彰さんはNARUTOで長年、岸本斉史先生のアシスタントを務められていたらしいんですね。

絵柄も確実に岸本先生に似ていますよね。
似せているのか、アシスタント経験で似てしまったのかは分かりませんが、どちらにせよ素晴らしい画力であることは間違いありません。

さらに岸本斉史先生が、サムライ8連載インタビューでズバリな発言をしていました。

素直には認めたくないんですけど、心の中で『負けたな』と感じるくらいに絵が上手くて。彼の絵が世に出るのなら原作に徹してもいいかなと思ったんです。『NARUTO』の連載時から『いつになるかわからないけど、僕がネームを描くから組んでやらない?』と声をかけていました」
出典 natalie.mu

なんと岸本斉史先生から声をかけていたんですね。

そして「彼の絵が世に出るのなら原作に徹してもいいかなと思った」と言わしめるほど。

つまり岸本斉史先生は大久保彰さんの画力を信頼し、次世代の漫画家として世に送り出すために原作に徹したようです。

考察の結果、作画をしない理由は①~③全てが合わさっての結論であったようです。

岸本斉史先生原作と、それを超える画力と言わしめる大久保彰さん作画の「サムライ8 八丸伝」。

もしかしたらNARUTOをも超える伝説の漫画になるかもしれません。

まとめ

まとめると、岸本斉史先生が作画をしない理由は

  1. 年齢的に週刊連載はもうキツイから
  2. 次世代の漫画家へ継承するため
  3. 作画担当の大久保彰の画力を信頼しているから

の3つであることが判明しました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.