世の中の様々なネタを考察していくブログです。

この世界の片隅に・映画と地上波の違うバージョンとはどこかネタバレ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

この世界の片隅にの地上波初放送では、1箇所だけ違うバージョンになっていると話題になっていますね。

一体どこが違うのだろうと気になっていましたが、なんと公式がネタバレしていました^^;

答えはエンドロールが違うようです。

エンドロールのどこが違うのか具体的にご紹介していきます。

アニメ・この世界の片隅にの違うバージョンとはどこの箇所?

違う箇所の答えはエンドロールのクラウドファンディングだった

答えは公式によりネタバレされていました。

エンドロールの中に違う箇所があるとのことです。

本編は変わったところはないとのことのようですね。

ではエンドロールのどこの箇所が違うのでしょうか?

クレジットに「クラウドファンディングで支援してくださった皆様」と出ていますね。

ここが違う箇所の答えでした。

クラウドファンディングで支援してくれた方もこの作品の制作の一端を担っているんだよ、という制作側の感謝ということでしょう。

素敵な演出ですね。

クラウドファンディングってなんのこと?という方のために次の見出しからこの世界の片隅にのクラウドファンディングについて解説してみました。

「この世界の片隅に」はクラウドファンディングにより制作された映画だった

クラウドファンディングのくだりを知らない方のために解説を入れておくと、「この世界の片隅に」はクラウドファンディングによる支援金で制作された映画なんです。

というのも「この世界の片隅に」は地味な作風だと業界のプロ達に評され「ヒットの要素が見当たらない」を言われていたそうです。

そのため、資金調達がかなり難航したそうなんですね。

そこを当時まだ珍しかったクラウドファンディングを活用することで、ようやく制作にこぎ着けたという経緯です。

プロデューサーの真木さんは

「一般の人々という“エンジェル投資家”によって完成に導かれた。一種の市民映画だ」

と話しています。

どのくらいの支援金が集まったのかというと

  • クラウドファンディングで集めた資金は約3900万円
  • 支援した人は3374人

とのこと。

かなりの額と人数が支援を申し出たのですね。
さらに公開にあたっては支援者達がSNS等で番宣までしたとのこと。

こうした数多くの人の後押しがあって世に送り出された作品だったんですね。

その背景を鑑みると、今回の地上波でのエンドロール変更は最高に粋な演出に思えてきますね。

まとめ

まとめると、

  • 「この世界の片隅に」地上波初放送の違う箇所は、エンドロールのクラウドファンディング表記だった(本編に差はなし)
  • この世界の片隅にはクラウドファンディングによる支援によって成り立った映画で、制作サイドの支援者たちへの感謝の表れだった

でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.