世の中の様々なネタを考察していくブログです。

『この音とまれ』の相関図!登場人物・キャラクター一覧と解説も

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

この記事では「この音とまれ!」について筆者が作成した人物相関図と、登場キャラクター一覧についてまとめています。

『この音とまれ』の人物相関図!

この音とまれはやはり高校の部活がテーマなだけあって、各校のキャラクター達との相関関係が主になってきますね。

そこに主要人物達の家族関係の問題が物語に深みを与えている。そんな作品です。

相関図を作ってみて興味深いのが、この音とまれでは「恩送り」がとっても多く行われているなあということでした。人と人の恩が連鎖していく感じです。
※恩送り・・・誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること

例えば、哲生から受けた恩を、チカが実康たちに返すところ。

哲生に恩を返して終わり、ではなく、他の誰かに愛(あい)を与える。
これで物語的に広がりが作ることも勿論狙いではあるんでしょうが、これがこの音とまれの魅力的な人間関係の根底なのだと思います。

じいちゃんから教わった琴を、チカが実康達や他の部員に熱意として伝えるのも「恩送り」なんじゃないかと思っています。

次の章からキャラクターそれぞれについて解説していきます。

登場人物・キャラクター一覧と解説

久遠愛


出典 この音とまれ公式

誕生日:9月2日
血液型:O型
身長:178cm
体重:68kg

本作の主人公。時瀬高校1年生。

短気な性格で中学時代はケンカに明け暮れる荒れた日々を送っていましたが、祖父・源の愛を受けて徐々に更生していきました。

祖父が箏職人だったこともあって、高校では箏曲部に入部します。
(現在は叔母である衣咲の家に居候している。)

中学時代に助けられた哲生との繋がりもあって実康たち(通称3バカ)に懐かれており、結果として実康たちの箏曲部入部を促すことになりました。

箏への才能と情熱は人一倍で呑み込みが早く、不協和音には敏感に反応するなど耳の良さも垣間見せています。

倉田武蔵


出典 この音とまれ公式

誕生日:4月7日
血液型:A型
身長:165cm
体重:56kg

本作の主人公その2。時瀬高校2年生。

1年生の時に見た、箏曲部の気持ちの込もった演奏に感動して箏曲部に入部したという経緯があります。

先輩たちが卒業してからは唯一の部員となってしまい廃部の危機を迎えますが、チカやさとわ・実康達の入部によって救われることに・・・!

性格は真面目で実直に努力するタイプです。
実は芯が強い部分もあり、部員たちを一生懸命にまとめ、その熱意には顧問の涼香も心変わりして真面目に指導を始めるほど。

高校受験の失敗などを経て自身にコンプレックスを多く抱えていますが、それも徐々に乗り越えていきます。

鳳月さとわ


出典 この音とまれ公式

誕生日:7月29日
血液型:O型
身長:158cm

本作のヒロイン。時瀬高校1年生です。

実家が琴の名門「鳳月会」の当主を務めており、本人も箏の天賦の才を持っています。
父を亡くしてからは厳しい指導方針へと変わってしまった母・千春と仲違いを起こし破門されてしまいます。それ以来、実家から離れて一人暮らしの日々を送っています。

そんな折、時瀬高校の箏曲部と出会ったことで箏の初心を取り戻していきます。
また、箏曲部での活動を続ける中で、裏表がなく素で自分を認めてくれるチカに密かに好意を抱いていくことに。
この2人の恋の行方が「この音とまれ」の大きな魅力の1つです・・・!

来栖妃呂


出典 この音とまれ公式

誕生日:10月19日
血液型:A型
身長:161cm

時瀬高校箏曲部の副部長で、高校2年生です。

過去に友人から自分に対する嘘の噂を立てられたことで人間関係を信じられなくなっており、人の信頼関係を壊すことで自分を満たすようになります。

しかし唯一壊せなかった箏曲部の絆を目の当たりにして改心を決意。
箏曲部へと入部します。

いつも一生懸命な倉田に対して徐々に好意を抱きはじめており、倉田×来栖はこの音とまれの気になる恋の行方パート2です・・・!

高岡哲生


出典 この音とまれ公式

誕生日:5月17日
血液型:B型
身長:180cm
体重:68kg

愛の幼馴染。時瀬高校1年生。

愛が荒んでいた時期にも見放さずに面倒を見続けていました。

愛に加えて3バカとも親しく、実は頭もいいのでしばしば4人の勉強の面倒を見ています。
本人は言われたくないでしょうが、お母さんのような包容力のあるキャラです(笑)

足立実康


出典 この音とまれ公式

誕生日:6月25日
血液型:A型
身長:175cm
体重:64kg

愛の中学時代からの友達で。時瀬高校1年生。
通称3バカ。

不良に絡まれやられていたところを愛に救われ、恩を感じて以来つるむようになりました。

愛が入ったことをきっかけに箏曲部にも入部します。
ギター経験者であることからリズム感が良い一面を見せます。

水原光太


出典 この音とまれ公式

誕生日:1月23日
血液型:AB型
身長:170cm
体重:58kg

愛の中学時代からの友達で。現在は時瀬高校1年生。
通称3バカ。

人懐っこい性格で、好感を抱いた人に抱きつく癖があります。
さとわなど女子であっても下心なしで遠慮なく抱きつくなど、子供っぽく純粋な一面を見せます。

リズムを取ることが苦手で、よく自分がみんなの足を引っ張っているのではと心配します。しかし心は芯が強く、諦めずに練習することで上達していきます。

堺通孝


出典 この音とまれ公式

誕生日:3月3日
血液型:O型
身長:164cm
体重:86kg

愛の中学時代からの友達で。現在は時瀬高校1年生。
通称3バカ。

実康や光太とは幼稚園からの仲で、1年生のときはクラスも同じだったが、2年生では2人と別のクラスになります。

滝浪涼香


出典 この音とまれ公式

誕生日:9月28日
血液型:B型
身長:179cm
体重:70kg

時瀬高校の数学教師で箏曲部の顧問。

父は指揮者、母と姉はピアニストという音楽一家の出身で、本人も作曲に関して類い稀な才能を有しています。

一時期は指導する気も見せないやる気なし顧問でしたが、武蔵の熱意に感化されて真面目に指導をするようになっていきました。

箏曲部では、大会用の作曲・編曲や音楽全般の大局的な指導を担当しています。

神埼澪


出典 この音とまれ公式

神奈川県にある県立高校・珀音高校の男子生徒で、箏曲部の部員。
高校1年生。

箏曲に関して、どのように弾くのが正解か分かる、という類まれな才能を持ちます。

愛の演奏に対して興味を持っている様子。

桐生桜介


出典 この音とまれ公式

誕生日:3月21日
血液型:O型
身長:177cm
体重:60kg

東京都にある私立高校・明陵高校の男子生徒で、箏曲部の部員。
高校1年制。

普段はチャラチャラしているが、箏の演奏技術は高く、特に合奏時にメンバーの力を引き出すことに長けています。

元々体が弱く引きこもっていたところを幼馴染の朝乃に箏の世界に連れ出してもらったという過去があります。それ以来朝乃にはひっそりと想いを寄せている様子。

鳳かずさ


出典 この音とまれ公式

神奈川県にある私立高校・姫坂女学院の女子生徒で、箏曲部の部員。
高校1年生。

箏の家元・華凰会の跡継ぎです。

思い込みが激しい性格で、一度こうと決めたらそれに向かって一直線に突き進む傾向があります。

中学時代に聞いたさとわの演奏に憧れを抱いており、さとわは自分達と箏を弾くべきだと信じて疑っていません。

宮千太郎


出典 この音とまれ公式

茨城県にある県立高校・永大附属高校の男子生徒で、箏曲部の部員。
高校1年生。

気が短く喧嘩っ早い性格。
かつて祖母が永大附属高校の箏曲部を指導しており、その祖母のために全国大会出場を目指しています。

さとわを初めて見た際に赤面して鼻血を出すという一面も見せています。

久遠源


出典 この音とまれ公式

愛の祖父で衣咲の父親。箏職人でもあります。

親に見捨てられた愛を引き取り、見捨てずに惜しみなく愛情を注いだ人物です。

作中では既に亡くなっていますが、今の愛があるのは源のおかげといっても過言ではなく。
愛本人もそれをよく自覚していて、源のことを今なお尊敬しているようです。

この音とまれの物語は、この源の愛がチカの変えたところから始まっていると言ってもいいでしょう。

実は時瀬高校の箏曲部をつくった人物という設定もあります。

久遠衣咲


出典 この音とまれ公式

誕生日:11月30日
血液型:O型
身長:164cm

源の娘であり、愛からは叔母にあたります。

現在愛を居候させています。

性格はおおざっぱで、運転が荒いという一面があります。
衣咲の車に乗った哲生がもう乗りたくないというほど・・・笑

鳳月千春


出典 この音とまれ公式

さとわの母にして、鳳月会現当主。

かつては優しい母でありさとわにもよく慕われていましたが、夫を亡くしてからというもの鳳月会周囲からのプレッシャーが集中し、いつしかさとわにも厳しく接するように変わってしまいました。

さとわは昔のような母の笑顔が見たく頑張っていましたが、中学時代についに仲違いし、千春はさとわを破門してしまいます。

本作のメインヒロインさとわのエピソードを盛り上げるためのキーキャラクターとなっている人物です。

堂島晶


出典 この音とまれ公式

時瀬高校箏曲部の外部指導者。

鳳月会の下部組織・椿会の跡継ぎでもあります。

さとわの破門のきっかけになったコンクールにて、さとわの代わりに最優秀賞を受賞した実力の持ち主です。

特に、一つの音を丁寧に弾く技術が高く評価されており、箏曲部でも基本の大切さを部員達に伝えます。

実はさとわの才能に対して劣等感を持っているという一面もあります。

まとめ

今回はこの音とまれの人物相関図をまとめてみました。

キャラクター同士の繋がり、愛の連鎖が魅力になっている作品だなと改めて。
箏を通じての方が口で喋るよりも本心が伝わることもあるというのは面白いですよね。

またこの音とまれの魅力の1つである、愛×さとわ、武蔵×妃呂のカップルの恋の行方も楽しみでなりません。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.