世の中の様々なネタを考察していくブログです。

彼方のアストラの最後・結末をネタバレ!その後各キャラの7年後も紹介

2019/08/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

彼方のアストラは様々な謎が絡み合うSFミステリー作品ですが、アストラ号の仲間たちの絆が大きな魅力の作品ですよね!

そんな「彼方のアストラ」はどんな結末を迎え、エンディング後のキャラクター達はどうなるのか、原作からまとめてご紹介していきます!

※当然彼方のアストラのネタバレを含みますのでご注意くださいね!

彼方のアストラの最後の結末は大団円のハッピーエンド!

裏切り者(刺客)の正体が遂に暴かれる

彼方のアストラの結末を語る上で、最初に話さなければならないのが裏切り者・刺客の正体です!

この裏切り者はずばりシャルスでした!

シャルスはヴィクシアの王の命令でカナタ達クローン全員を宇宙へ飛ばし、自分も一緒に死ぬ計画をしていたのです。

こちらについては別記事で詳しく解説しています!

カナタ達はシャルスが刺客であることを暴き、追い詰めることに成功します。

しかしシャルスが自白し裏切り者だと分かった後でも、B5班の皆は冒険を共にしたシャルスを信じ「一緒に帰ろう!!」と叫びます。

それでもシャルスは幼い頃から洗脳された呪縛を解き放てません。
”王の命令”をとるか、”仲間との絆”をとるか葛藤し、涙を流しながら「もうどうしようもないんだ・・・」と呟きます。

このシーンはもう最っ高に泣けます。
ファンの間でも泣けると人気の高いシーンです。

この後、涙を流しながら球体で自殺を図ろうとするシャルス。

そこで一目散にシャルスへ向かって走り出したのがカナタでした。
球体を反重力シューズで飛び越え、シャルスを庇って球体へ手で押しのけようとします。
※奇しくもこのシーンは物語1話でアリエスを助けたシーンとダブります

シャルスはこのままではカナタを死なせてしまうと慌てて球体を止めますが、時既に遅し。カナタの腕だけが宇宙へ飛ばされてしまい、カナタは右腕を失う大怪我を負ってしまいます。

急いでカナタを抱きかかえるシャルス。

シャルス「すまない!カナタ!すまない!」
カナタ「お前、アストラに帰ったら責任とれよ・・・。ずっと、おれのそばで、手伝うんだ。」
シャルス「カナタ・・・ぼくは・・・。」
カナタ「オレは、自分の船を持つ。前に約束したよな。」

「お前は、おれの、右腕だ」

出典 彼方のアストラ

シャルスは物語冒頭で「いつかカナタの船にのって右腕として働きたい」と言っているんですよね、そのシーンがフラッシュバックされて、この言葉がどれだけシャルスに響いたのかが伝わってきます。

シャルスはずっと王の箱庭の中でしか生きてこれませんでしたから、未開の世界とか、冒険に憧れてたんですよね。
だから本当は生きて、カナタの船に乗って、一緒に冒険に出たかった。

このシーンは何度思い返しても涙が止まりません。
(この文章書いてる今も涙が・・・笑)

そして自殺も思いとどまったシャルスは、カナタに肩を貸してアストラ号へと帰還します。

全員で無事に故郷へ帰還!オリジナル達は逮捕へ

アストラ号へ帰るなり、シャルスは自分を監禁するよう皆に告げます。

しかしカナタはシャルスにこう言います。

カナタ
「おれはお前を恨んでねえ、おれが選択して行動した結果だ。だからお前も選択しろ、これからは自分のために生きるって。」
出典 彼方のアストラ

この言葉にB5班のみんなが頷きシャルスを受け入れます。
そしてシャルスはついに、自分の本当の気持ちに正直に生きる決意をします。

シャルス
「みんなのおかげでぼくは、自分になれた。ボクはオリジナルとして生きたい!みんなと一緒に帰りたい!」
出典 彼方のアストラ

晴れて本当に意味で仲間になったシャルスとB5班は、故郷への最後の道のりを旅します。

ついに無事に故郷へと帰り着いたカナタ達。

オリジナルの親たち・そしてヴィクシアの王はクローンを違法に作った罪に問われ逮捕されます。

一方カナタ達は奇跡の生還を果たしたアストラ号として、英雄扱い!

こうしてB5班の皆は元の平和な暮らしをようやく取り戻します。

カナタ「みんな長いキャンプおつかれ。また元気に学校で会おう。」
B5班の皆「アイ・イエー!!!」
出典 彼方のアストラ

そして7年の月日が経ちます。

彼方のアストラの結末のその後は?7年後のキャラクター達!

アストラへの大冒険を終えたカナタたち。

帰り着いた故郷で7年の月日が流れ、それぞれの夢を叶えていました。

シャルス

シャルスは当時強い洗脳状態にあったこと。そして被害者であるB5班の皆がむしろシャルスを養護したことで罪には問われませんでした。

そしてシャルスはその後なんと、ヴィクシアの王として即位しました!

さらにシャルスは王家の政治的権力を放棄、王家の握る秘密も全て公開して、これからは象徴としてのみ存在させること決めます。

この若き王の誕生と英断に、民衆から大変な人気を得ることとなります。

フニシア、ポリ姉

フニは7年の月日を経て立派な女子高生に!

そしてなんとキトリーと全く同じ容姿へと成長していました。
(当然といえば当然なんですが笑)

学校の非常勤講師にはあのポリ姉もいます。
ポリ姉はショートカットになってさらにキレイになっていましたね。

ウルガー

ウルガーは夢を叶え、ジャーナリストになっていました!

いつもどこかへ旅立っていて家にいない生活を送っているらしいです。
たまにルカの家へ泊まりにいくんだとか。
(やっぱりこの2人は仲良しなんですね笑)

トレードマークの帽子はそのままに、大人になってかっこよくなっていました。

性格も以前に比べるとかなり明るくなっています(笑)

キトリー

キトリーはザックと結婚し妻になっていました!!

夢が叶いましたね。
けど、ザックがキトリーを置いて宇宙へ行くことに怒ってました。
ツンデレは変わってません(笑)

ちなみに、髪がショートカットになりパーマがかかってちょっとおばちゃんぽくなってます(笑)

アリエス

アリエスは、カナタと婚約をしました!!!

えへへと照れながら、キトリーとルカに婚約を報告するアリエスかわいい。

儀式として、カナタとアリエス2人でシャルスの元を訪れ「お嬢さんをボクに下さい」をやってきたとのこと(笑)
(シャルスは王のクローンで、アリエスは王女のクローンだから、”お嬢さん”をぼくに下さいなんでしょうね笑)

アリエスは女の子が欲しい、そして名前は”セイラ”と名付けたいと語ります。

ユンファ

ユンファも無事夢を叶え、歌手になっていました!

コンサートホールでB5班との冒険の日々を涙を流しながらファンに語り、歌いだします。

ユンファ「あの冒険の日々を忘れることはできません。私達の旅はこれからもずっとずっと続きます。アストラ号は・・・アストラ号は前に進み続けます!!」

「聴いてください。”アストラ号の冒険”。」

カナタ、ザック

ザック「整備終わったぞ。」
カナタ「んじゃ行くか。どうだ懐かしいだろアストラ号」
ザック「大したものだ。本当に7年で船を持ってしまうとは」

カナタとザックは、冒険の最中語っていたように、船を持って宇宙に旅立とうとしていました。

そんなカナタの右腕にはザックが作った義手がついています。

宇宙探検家になるという夢を叶えたんですね。

そこにもう1人、人影が・・・

シャルス「やあ遅くなって」
カナタ・ザック「シャルス!!!」
ザック「えええ!?お前なんできてんだよ!」
カナタ「王様が冒険の旅に出ていいのかよ!!」

シャルス「だって約束したじゃないか。キミの右腕になるって。」

ここでまたしても号泣必至の伏線回収。

最後はカナタのこの一言で物語は締めくくられます。

カナタ「アストラ号発進!!目的地・・・未知の世界へ!!」
出典 彼方のアストラ

まとめ

今回は彼方のアストラの結末とその後について、ネタバレつきで紹介しました。

彼方のアストラは近年稀に見る、100点満点のエンディングだったなーと思います。
原作が気になった方はぜひ読んでみて下さい。
必ず感動すること請け合いです!

少しでもこの記事で彼方のアストラの魅力が共有できれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.