世の中の様々なネタを考察していくブログです。

アニメ・彼方のアストラの1話ネタバレ感想!原作との違いや評価も

2019/09/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

彼方のアストラの第1話がついに放送になりました!

先に言っておくと私は原作既読です!

彼方のアストラは原作が面白すぎるので、個人的には夏アニメで一番期待していると言って良いかもしれません。

今回はそんな彼方のアストラ第1話の感想をネタバレありで綴っていきます!

彼方のアストラ第1話のネタバレ感想!

それでは彼方のアストラの第1話を大きく3部に分けて、簡単なあらすじ&評価・感想をつづっていこうと思います!

冒頭・ケアード高校B5班の惑星旅行

冒頭のあらすじ1

物語冒頭、とある少女が宇宙空間を漂っているところからアニメは始まります。

そしてなぜ少女は宇宙を漂っているのか、その理由が数時間前に遡って描かれます。

ケアード高校の生徒アリエス・スプリングは学校のイベントである近郊の惑星・マクバへの宇宙旅行に出かけるべく準備をしていました。

そして空港に集まったのが合計9人の仲間、通称B5班。

  • カナタ(主人公)
  • アリエス(冒頭の女の子)
  • ザック
  • キトリー
  • フニシア
  • ウルガー
  • ユンファ
  • ルカ
  • シャルス

彼らは宇宙船にのって惑星マクバに向かいます。

以上がざっと冒頭の展開ですが、ここから冒頭部分の感想を。

まあ冒頭は物語も展開していませんし、ストーリーに関しては後述しますが、作画もきれいで、世界観もSFチックな感じがよく表現されており、掴みはオッケーって感じかな。

後半になるにつれて盛り上がるストーリーなので、そこがこの作画で表現してくれたらかなり期待できそう。

ヒロイン・アリエスの天然ボケっぷりがくすっと来てしまいますね(笑)

それと声優さんですが、全員の声がイメージぴったり!!!
(原作読んでからアニメだと違和感あることのが多いですけど、今回は本当にピッタリ)

アリエスだけはもっとほんわか天然気味でもいい感じしましたけど、全体として違和感0と言ってもいい!

個人的には特にカナタの声は思わず、わ〜って独り言が漏れてしまうくらい原作のカナタそのものの演技でした!

謎の球体により5千12光年彼方の宇宙へ

あらすじ2

惑星マクバに到着してはしゃぐ9人でしたが、何やら謎の球体が9人に向かって近づいてきます。

旅行に採用される星に危険なんかあるはずないと、興味津々で球体に触れたルカの姿がなんと消失!

全員パニックになって逃げ惑います。
全速力で球体から逃げますが、最後には全員飲み込まれ暗転・・・。

気づいた時には9人は宇宙空間に放り出されていました。

不幸中の幸いか、すぐ近くに投棄された宇宙船がさまよっているのを発見し、その船へ全員で乗り込みます。

この中盤の惑星マクバから一気にシリアスな展開になります。
音楽や作品の雰囲気も一変。

物語が動き始めます!

  • あの球体はなんだったのか?
  • なぜ飲み込まれたら宇宙へ放り出されたのか?
  • この宇宙船は何なのか?

深まるばかりの謎。

先の展開が気になる見せ方で、CGを駆使した宇宙の表現も見事ですね~!

宇宙に生身で漂うってこんな感じかな〜と思えるような映像表現でしたね!
これは漫画にはできない、アニメ版にしかできない表現だと素直に感嘆してしまいました。

ちなみにプロローグのアリエスが宇宙で漂っているシーンはここに繋がっています。

母星へ向けた旅の始まり

あらすじ3

どうせすぐに学校の助けが来るだろうと楽観視する一行でしたが、ここで衝撃の事実が。

なんと飛ばされたこの場所は元いた母星から5千12光年離れた宇宙だということが発覚します。

これは船の最大速度で旅しても3ヶ月はかかる距離らしいです。(いや5千12光年を3ヶ月って早くね?と思ったのは私だけじゃないはず笑)

しかし船の中にある食料は3日分。
そもそも船の貯水タンクは20日がMAX。

絶望に打ちひしがれるB5班でしたが、主人公カナタの発想により、星々を辿って補給を続けながら旅をする案が提案されます。

やるしかない。
意見の一致した9人は1つ目の惑星・ヴィラヴァースへと旅立ちます。

宇宙サバイバル生活ってありそうでなかったお話ですよね!(ドラゴンボールGTなんかはちょっと近いかも)

シリアスな展開で後がない緊張感がありながらも、これからどんな宇宙の冒険が待っているのか、ワクワクせずにはいられない。
そんな先の展開が気になる一話でした!

最初はのんびりしすぎに思えたギャグのやり取りも、中盤からテンポがあがるとちょうどよく面白かった。
原作もそうですがやっぱりシリアスとギャグの割合が絶妙なんですよね~!

暗い展開のはずなのになぜかキャラクター達をみているとワクワクしてくる作品です(笑)

原作とアニメの違いは?

1話における原作とアニメとの違いは以下の点でした。

  1. 冒頭に原作にはないプロローグ(アリエスの宇宙漂流シーン)
  2. 宇宙船に全員が戻るまでにエピソードに追加シーン

1は中盤で全員が宇宙に放り出されるシーンをアリエスだけを切り取って最初に描いていました。
これは漫画と違って最初でシリアスな宇宙漂流の話だと視聴者にイメージ付け、掴みをよくするためでしょうね。

アニメはほぼ原作の漫画を踏襲していました。

かなりの原作リスペクトを感じました。

彼方のアストラの評価は?ネットの声も

1話時点での彼方のアストラの個人的な評価は100点満点をあげたい!

原作が既に完成された面白さの漫画なので、アニメは正直原作のクオリティを落とさず映像化してくれるだけで傑作になると確信してます。

そして1話はその期待を十分に満たしてくれました。

SNSを見てみましたが、こちらも絶賛の声ばかりでした。

アニメみて原作漫画買ってしまった方もいるみたい!
個人的にも原作漫画はぜひ読んでほしいですね。

ひっきりなしに感想がツイートされてて多すぎて紹介しきれないので、気になった方はツイッター検索してみて下さい(笑)

まとめ

今回は彼方のアストラの第1話のネタバレ感想についてでした。

まだ夏アニメ始まったばかりですが今期一期待してます(笑)

無料でアニメや原作漫画が見てみたい方はこちらの記事をどうぞ。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.