世の中の様々なネタを考察していくブログです。

異世界チート魔術師の強さランキングTOP10!最強キャラはだれ?

2019/07/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

異世界チート魔術師には様々な能力を持ったキャラクターが登場します!

原作でもどのキャラはどのくらい強いとか解説が多い作品ですが、

  • 結局最強って誰なの?
  • 太一はどれくらい強いの?

ってなりますよね。

今回は原作WEB小説を読破した内容から、最強キャラランキングを格付けしていこうと思います!

異世界チート魔術師の強さランキングTOP10!最強キャラはだれ?

【10位】ミューラ

第10位はミューラです!

勿論この順位だからと言って弱いわけではなく異世界アルティア全体でみてもトップレベルの実力を持っています。

太一たちパーティでは太一の魔力強化の何%なら勝てるかという例えで比較されますが、ミューラは25%でパーティでは一番下ということでこの順位です。

しかしミューラはレミーアによってこう評されています。

まだまだ成長途中だが高い資質を持つ。奏には劣るのだが、それはミューラが低いのではなく、奏が異常なだけである。もっとも、ミューラが一八歳になり成人する頃──エルフの成人は一八歳である──には、奏と同格まで上がるのではと予測している。
出典 異世界チート魔術師

年齢も14歳で最年少ということで今後伸び代が十分あるキャラクターです!

【9位】吾妻凛

第9位は凛!

凛はクアッドマジシャンという世界的にみても稀有な能力に加え、高い魔力を持っています。

さらに頭脳明晰で、現代科学を再現したオリジナル魔術をいくつも生み出す天才魔術師です!

しかしその才は未だ発展途上。
ミューラには僅差で勝るがレミーアには及ばないとされています。

現段階の凛は太一の魔力強化では30%程の強さです。

【8位】スミェーラ

第8位は魔法王国エリステインの軍のトップ・将軍であるスミェーラです。

女性ながら実力によってあがってきた武闘派で、人類トップレベルの実力を持ちます。

スミェーラはどうしても太一の腕が見てみたいと決闘を挑み、太一が様子見で使った30%の魔力強化に対して上回る戦いをしました。

その後太一はスミェーラに30%付近では危険と感じ一気に60%まで魔力強化を引き上げて決着をつけます。

この描写から推測するにスミェーラの強さは30%〜35%程度が妥当と思われ、この順位となりました。

【7位】レミーア

第7位はレミーアです。

現時点の人類で太一の次に強い登場人物がレミーアです。
ただ、8位のスミェーラとは正直ほぼ差はないと思います。

スミェーラは作中でレミーアのことをこう評しており、少なくとも同等以上とみなしていることが分かります。

スミェーラ「同感だ。レミーア殿クラスの魔術師との戦いは覚悟がいるな。払う犠牲が大きすぎる」
出典 異世界チート魔術師

また、世界を探せばレミーアやスミェーラ以上の人類がいるかもしれませんが、現時点の原作の描写には登場していませんね。

レミーアは太一の魔力強化で言うと35%程度です。

【6位】レッドオーガ、ツインヘッドドラゴン

第6位はレッドオーガとツインヘッドドラゴンです。

太一が初めて魔力強化100%で勝てなかった相手で、通常のオーガが「真紅の契約」により尋常ではないパワーアップを果たした個体です。
(マンガ版ではレッドオーガではなく、ツインヘッドドラゴンがその代わりのモンスターとして描かれています)

その後太一に新しく宿った力、風の精霊・エアリィ召喚により退けました。

エアリィのお披露目の戦いでもあったので、召喚術の前では手も足も出ませんでしたが、太一の魔力強化100%が通じなかった最初の敵ということで印象に残る敵ですね。

ちなみに太一以外の人間では全く歯が立たない強さだったので確実にレミーアよりは上の順位となります。

【5位】ブラッディヴァルハラー

第5位は古城探索編でのボスとして登場したブラッディヴァルハラー。

こちらも通常の個体はAランク相当のアンデッドモンスターですが、古城の最深部で長年溜め込まれた呪いにより強力になっていました。

太一とシルフィの攻撃によりバラバラにされても復活をしてしまいます。

最終的には太一とシルフィの必殺技・トールハンマー(雷神の槌)で古城ごと消し飛ばすことで決着しましたが、トールハンマー以外の技が通じなかったことからレッドオーガよりも上の順位としました。

【4位】リヴァイアサン、ティアマット

4位はシカトリス皇国に棲む番の竜・リヴァイアサンとディアマットです。

この2頭は原作小説最新章で絶賛登場中なのでその力の底は見せていませんが、この2頭の争いが国を滅ぼしかねない規模だということで、ブラッディ・ヴァルハラーよりも上の順位としました。

この2頭の真価については原作の最新作を楽しみに待ちましょう!

【3位】吸血鬼の祖 アルガティ・イリジオス

3位は吸血鬼の祖、アルガティ・イリジオスです。

太一がシルフィ召喚時の全力を出してもなお敗北した初めての敵です。

個人的には太一vsアルガティは作中No1バトルだと思っています。

シルフィの風の加護のおかげでスピードでわずかに上回る太一でしたが、パワーで上回るアルガティに重症を負わされてしまいます。

薄れゆく意識の中、夢の中で土の精霊王・ノーミードと契約して形勢逆転を果たした太一でしたが、アルガティには逃げられてしまいます。

また、この決戦は吸血鬼の苦手な昼間に行われたため、アルガティが全力を出していません。

夜に戦った場合でも太一が勝てるのかどうかはまだ未知数ですね。

【2位】西村太一

2位は本作の主人公・西村太一です!

今まで直接戦って勝てなかった相手はアルガティのみ。
そしてそのアルガティにも現時点では勝ち越しています。

人類で太一の次に強いレミーアは7位のため、どれだけ太一が人類において飛び抜けた強さを持っているかが分かります。

というより、太一の強さに合わせた戦いを繰り広げるうちに、人類では太刀打ちできない敵が増えてきたのかもしれませんが(笑)

とにかくぶっちぎりの力と能力を持つ、主人公の名に恥じない強さです。

【1位】闇の精霊・シェイド

第1位は闇の精霊・シェイドです。

原作最新話時点で登場したキャラクターの中では、間違いなく一番の力を持ちます。

太一はまだ直接戦っていませんが、対峙した際に感じた圧力から戦っても絶対に勝てないと勝負を諦めたほどです。

しかしシェイドは太一に敵対心を持っておらず、むしろ世界を救う強力をして欲しいと持ちかけるため、今後戦うことがあるかはまだ分かりません。

シェイドも原作小説ではまだ登場したばかりのため、今後の登場に期待がかかるキャラクターです・・・!

まとめ

今回は異世界チート魔術師のキャラ最強ランキングを考察してみました。

個人的にはもっと人類で太一に次ぐ強さのキャラが現れて来て欲しいですね。

初期は太一のチートさを表現するために太一に迫るような強さの人間は現れませんでしたが、そろそろ出てきてもいいんじゃないかなと思います。
(ドラゴンボールでいうベジータ的なやつとか)

原作WEB小説でもどんどん強いヤツが現れて物語として熱くなってきたので今後の展開にも期待ですね!

またランキングも更新していきます!

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.