世の中の様々なネタを考察していくブログです。

ハイキュー音駒は春高全国大会に出場する?梟谷・戸美戦の結果を解説!

2020/01/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

ハイキューで烏野は全国大会出場を決めましたが、東京予選を戦う音駒は全国への切符を手にすることができるのか。

梟谷戦と戸美戦の結果について解説していきます。

ハイキュー音駒は春高全国大会に無事出場する!

東京区出場校は1位井闥山、2位梟谷、3位音駒

東京都は予選1位~3位が春高に出場することができます。
東京は春高の開催地区のため3位が「開催地枠」として出場可能なんですね。
(烏野がいる宮城県は1位だけでしたが、東京は高校が多いため枠も多いのもある)

そして東京都の春高予選結果は1位井闥山、2位梟谷、3位音駒となりました。

音駒は梟谷には敗れたものの、戸美に勝利することでなんとか3位入賞。
開催地枠で全国に出場することができました。

セットカウントや試合内容についてそれぞれ解説します。

【東京予選】音駒VS梟谷の試合結果 勝者:梟谷


出展 ハイキュー22巻

セットカウント0―2
×音駒21 – ◯梟谷25
×音駒28 – ◯梟谷30

まずは準決勝戦で音駒は梟谷と当たります。
合宿も一緒でしたし、共に手の内を知り尽くしている相手です。

第1セット序盤は一進一退でしたが、この日は木兎のストレートが絶好調。
ジリジリと話されていく音駒でしたが、研磨が木兎のストレートをブロックする作戦を提案。

これで見事ブロックをし、その後木兎の調子も下がっていきますが・・・しかし流石梟谷ほかのメンバーが木兎がいなくても上手くやりすごします。

結局点差は縮まらず1セット目は21 – 25で落とすことに。
しかしスロースターターの音駒が1セット目を落とすのはいつものこと、研磨は慌てている様子はありません。

続く2セット目は音駒が完全に木兎を封じ込めます。
完全にストレートを締めたブロック、クロスに打てばリベロの夜久が、夜久を意識しすぎればブロックに捕まるという悪循環に木兎が陥ります・・・。

音駒2点リードで中盤を迎えます。

木兎「おれいつも、クロスってどう打ってたっけ・・・?」
チームメイトたち「(こいつ・・・!!)」

梟谷チームメイトたちも、いつも得意だったクロスの打ち方を忘れたという木兎に呆れ返りますが(笑)
ここで赤葦が一言。

赤葦「――では何も考えずにクロス打ってください。ただ気持ちよく。道は作りますので」
出展 ハイキュー22巻

イケメンすぎる・・・!
セッターとしてかっこよすぎる一言を放ちます。

そして赤葦はアタックフェイント→セットアップで音駒のブロックを剥がし、木兎はブロック1枚という好条件でクロスに点を決めます。
これで完全に木兎が復活。

しかし音駒の守備も調子が上がっており、一進一退でデュースへ。

それでも木兎の勢い止まらず、超インナースパイクやブロックアウトで2セット目ももぎとられ、セットカウント28-30で音駒が敗れました。

これには海も「梟谷にストレート負けは久々だな・・・」と一言。
確かに合宿時もそこまで実力は離れてるように見えませんでしたしね。

木兎は本番に強いタイプというのはあったのでしょう。
なんにせよ音駒はこれで3位決定戦に勝つかどうかで出場が決まるという崖っぷちに追い込まれました。

【東京予選】音駒VS戸美の試合結果 勝者:音駒


出展 ハイキュー22巻

セットカウント2―0
◯音駒28 – ×戸美26
◯音駒26 – ×戸美24

続く3位決定戦の相手は、準決勝で井闥山に敗れた戸美(のへび)学園です。
戸美は高い守備力とねばりを強みとするが絶対的なエースはいない、音駒に似たタイプのチームです。

しかし相手への煽りや、審判への心象操作だったりと勝つためには手段は選ばない狡猾なチームでもあります。

1セット目は、戸美は早速音駒に対して審判に気付かれないように煽りを入れてきます。そのターゲットになったのが頭に血が登りやすいリエーフ・猛虎のいわば単細胞組。

実際二人はイライラを貯めてしまい、アウトやタッチネットなどを連発してしまいます。

さらにそこにアクシデントが起こりました。
猛虎が繋ぎきれなかったボールをコート外までレシーブしにいった夜久が足を捻挫して退場する自体に。

「守りの音駒のエース」とも言われる夜久の退場に動揺が走る音駒。

しかし逆にリエーフ・猛虎は3年生達をここで終わらすわけにはいかないと冷静さを取り戻します。

そしてここで集中力をさらに増したのが黒尾でした。
夜久との1年時の出会いの回想も入り、顔が本気モードに入ります。

夜久級のレシーブを披露し、ブロックではドシャット、そして最後マッチポイントではバックアタックを決めて1セット目を28 – 26でもぎ取ります。

続く2セット目。

リエーフと猛虎は夜久がいなくなったことで完全に集中を取り戻していました。
両者一歩も引かず一進一退が続きます。

先にリードの糸口を掴んだのは戸美。
エースのサーブ2連続でブレイクします。

しかし3本目は海が拾い、福永のコース狙いで1本。
そしてさらに黒尾の「1人時間差攻撃」が決まり今度は音駒がブレイク。

24 – 25で音駒がマッチポイントを迎えます。

ここでリエーフが、リベロが夜久ではなく2年の芝山になったことで、ブロックとはレシーバーとの連携あってのものではあることに気づきます。
(今まではレシーバーのことなんて考えなくても夜久がなんとかしてくれると思っていたが、今はそうじゃないんだと)

しっかりとストレートを締めるリエーフ、そして戸美がクロスへ打ったスパイクは完全に芝山がレシーブ。
猛虎がスパイクをキッチリと決めゲームセット。

音駒VS戸美の一戦を音駒が制しました。

全国大会での音駒は?

音駒はこれで春高全国への切符を手にすることに。
研磨はメールで日向へと「全国いくよ」とメールします。

そして原作漫画では既に、全国大会編も完結しているため音駒の戦いも幾つか描かれています。

「ゴミ捨て場の決戦」は実現するのか?

全国での音駒戦の試合内容についてネタバレを知りたいという方は、別記事でまとめているので興味があればどうぞ!

まとめ

まとめると、

  • 音駒は3位枠ではあったが無事全国大会に出場することができた
  • 予選の試合結果は梟谷に惜敗、戸美には勝利という結果だった
  • 全国大会編も既に完結し、試合結果も描かれている

でした。

烏野と同じくらい音駒には思い入れも出てしまいますし、胸が熱くなる東京予選でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.