世の中の様々なネタを考察していくブログです。

ドロヘドロの最後の結末は大団円!ラストのその後も解説

2019/12/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

謎が謎を読んだ長期連載作品「ドロヘドロ」がどういった結末を迎えるのか。

今回はそのラストについてまとめてみました。
結論は、大満足のハッピーエンド・大団円を迎えます(´∀`)

カイマンの素性判明や十字目ボス復活から順に解説しています。

ドロヘドロの最後の結末を解説

カイマンの素性が判明する

ドロヘドロの結末を語る上で欠かせないのがカイマンの素性についての謎でしょう。

結論から言うとカイマンは「多重人格となったアイコールマンが魔法にかけられた存在」です。

  1. アイコールマンが魔法使いになるための多体移植手術を受けて多重人格となる
  2. 魔法使いの世界で「会川」と「十字目ボス」の人格が入れ替わりつつ暮らす
  3. 恵比寿や栗鼠の魔法が2重にかかったことで記憶を失い、魔法が効かない体質となった(これがカイマン)

という経緯でした。
この経緯については下記の記事で詳しくまとめてあるので興味ある方はどうぞ↓

十字目ボスが復活!ホールの怨念が覚醒

ドロヘドロは後半から、カイマンがいわゆる仮死的な状態になり、代わりに十字目組織のボスの人格が復活します。

そして復活した十字目ボスによって、なんと煙が殺害されてしまいます。
謎の能力で苦しみだした煙は魔法を出すこともできず瞬殺です・・・!

十字目ボスの正体は、魔法使いに殺された人間たちの恨みの集合体のため、対峙する魔法使いにホールの雨のような効力を与えることができたんです。

煙が死んだことと十字目ボスの復活により、煙ファミリーはじめ魔法界は崩壊していきます。

魔法使いを次々に殺す十字目ボスは、次第に異形の姿に変わっていき、ついに純粋なホールの怨念:通称「ホールくん」へと覚醒します。
このホールくんがドロヘドロでのラスボスです。

実はこのホールくんの復活は悪魔のチダルマによって仕組まれていました。
悪魔たちは遊び半分に「ホールVS魔法使い」のどちらが勝つかを賭けていたんですね。

負けた方は「5000年をただの人間として過ごす」という罰ゲーム。
ちなみにチダルマだけがホールくんが勝つ方に賭けていました。

そしてホールくんは魔法使いの絶滅させるためにどんどん魔法使いを殺していき、ついに川尻やニカイドウまでもが殺されてしまいます。

カイマンVSホールくん

十字目ボスが人格としてとってかわったことで、いなくなってしまったカイマンは、なんと以前に心に切断された首から復活します。

カイマンは魔法使いではないのでホールくんには狙われないのですが、カイマンにはホールくんと戦い理由がありました。
それは「ニカイドウ」という唯一無二の友達を蘇らせたいという願いです。

ホールくんに勝てばニカイドウを生き返らせるという約束を悪魔たちに取り付けたカイマンは、単身ホールくんに挑みます。

そしてこの時、カイマンは悪魔たちから魔法の力を授かりました。
なんとあのカイマンが魔法使いになります

カイマンの能力は「ギョーザ」。
敵を攻撃するギョーザを作ったり、自分の体を防御するギョーザを作ったり、体を再生させる効能のギョーザを作ったりと何でもアリ。

正直あの煙さえも凌ぐ最強の魔法でした。

しかしホールくんはニカイドウの首を盾に、怯んだカイマンの悪魔腫瘍(魔法の能力の元)を破壊してしまいます。

劣勢に陥るカイマンでしたが、別で動いていた丹波ファミリーのキリオンが泥の元を破壊したり、駆けつけた心が魔法でホールくんの体をバラしたりしたことで、ホールくんの悪魔腫瘍がついに露出します。

そこをすかさずカイマンが「ストアの包丁」で悪魔腫瘍を破壊したことでついにホールくんを討つことに成功します。

最後は反目し合っていた勢力が協力して敵を打ち倒すという熱い展開で幕を閉じます。

ラストはハッピーエンド!その後の後日談も

無事にホールくんを倒した後、悪魔たちはニカイドウを約束どおり生き返らせてくれました。
やっと抱き合う二人を見てるとちょっと涙出てきちゃいます(笑)

何気にストアの包丁を投げ捨ててるのもいいですよね。これからはもう戦う必要はないんだと暗示しているよう。

心の能井は魔法界で二人で生きていくようです。
心は元々ホールにいた人間だったので能井は心配していましたが、これからも自分の側にいてくれると知って喜びます。

復活した煙を中心に煙ファミリーの再建も進められています。
魔法界も順調に再建されていくのでしょう。

ちなみに、ホールにはホールくん人形という魔法使いが見ると気絶する人形が流通していました。
これからは魔法使いに殺される人間もいなくなるんでしょうね。

最後はカイマンとニカイドウが二人でお店「空腹虫」の看板を立てているところでエンディングです。

「カイマンとニカイドウはずっと友達」
出典 ドロヘドロ最終巻

まとめ

今回はドロヘドロの結末についてまとめてみました。

反目し合っていた勢力同士も最後はホールくん打倒という目的のために協力しあったりして熱い展開でした。

でもやっぱり何よりカイマンとニカイドウの他愛ない日常を再び見れたのが何よりうれしいですね。やっぱりあの二人が笑い合ってるとホッとします(´∀`)

ドロヘドロの結末は文句なしの大団円でした。
めでたしめでたし・・・!

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.