世の中の様々なネタを考察していくブログです。

BTSの日本製品不買運動はデマ?韓服着用となぜネット記事で報道されたか経緯も

2019/08/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

BTSが日本製品不買運動へ参加したとのニュース記事が出回り、話題になっています。

しかしそれと同時に、該当記事は事実無根のデマであるとの声も多く挙がっているようです。

今回はBTSは本当に日本製品不買運動に参加しているのか調べてみました。

BTSの日本製品不買運動への参加報道はデマだった?

報道の経緯(デマ元記事は後から修正された)

まずBTSが日本製品不買運動へ参加していると報じたニュース記事ですが、もともとはレコードチャイナというニュースサイトが報じたことがきっかけのようです。

しかし不買運動参加がデマだと分かったのか、「不買運動に参加したわけではないが」と後から文章を修正したとのこと。

この経緯はLineニュースにてまとめられていました。

2019年8月3日、「韓国の日本不買運動、芸能人の活躍も話題に」との記事を配信した。

記事では、韓国の芸能人の間で日本製品の不買運動が広がっていると紹介。BTSのメンバーであるジョングクさんも不買運動に賛同したとの現地報道を引用し、「やむを得ず日本を訪れることになった(歌手の)パク・ジェボムは出国の際に韓国国旗の付いた帽子を着用し、BTSのジョングクも韓服(韓国の伝統衣装)風のトップスを着用した」としている。

しかし、記事はその後修正され、「『日本不買運動に賛同したわけではないが』としつつ、アイドルグループ・BTS(防弾少年団)のジョングクが日本へ向かう際に韓服(韓国の伝統衣装)風のトップスを着用していた」と、不買運動には賛同していないと直された。引用元と見られる現地メディアの記事も、6日時点で同様の趣旨の内容となっている。
出展 Lineニュース

実際に修正されているのか記事元を探しにレコードチャイナのサイト内検索をしてみましたが、記事がなくなっていました。

というかやっぱり参加してませんでしたと修正を加えた後にさらに削除するとか、絶対ヤバイと思って消しましたよね・・・ニュースサイトとしてあるまじきというか・・・ひどいですね。

さらに拡散のきっかけになったもう1つのニュースサイト「Share News Japan」。

こちら記事見てもらえばわかりますが、「レコードチャイナ」の記事を全部引用しただけの記事です。

そしてレコードチャイナへの出展リンク先が記事削除されているのにも気づかず放置。
こちらはこちらでヒドイですね。

正直どちらのサイトもニュースサイトとしての行動が信頼0です。
もうこれだけで今回の報道の信ぴょう性はかなり薄れました。

というかBTS・不買運動で検索すると出てくるニュースサイト「gooニュース」や「ORICON NEWS」など大手ニュースサイトも軒並み記事削除していました。

キャッシュが残っていたのでそちらで削除される前の状態の記事確認しましたが、レコードチャイナからの引用ですね。

こんな有名なサイトでさえ真偽のほどを自分で確かめずよそのニュースをそのまま信じ込んで報道するなんて信じられないです。

アクセスが集まればいいと思っているとしか思えません。
ちょっと調べていて今回別の意味でショックを受けました。

韓服は以前から着用で話題になっていた

発端となったレコードチャイナは、韓国紙・Newsenの報道からだとしていたようですが、NewsenがBTS不買運動について報じているという情報は見つけることができませんでした。

流石に報じていたこと自体が嘘だとは思えないんですがね。

ただ、その中の1つとして報じられていたBTSメンバー・ジョングクが不買運動のために韓服に着替えて日本へ向かったとする事実に関しては、元々BTSは韓服を来ていた事実が分かっています。

例えば「BTS韓服」で検索すると、「グクが韓服きて来日したことについて」議論しているサイトが見つかりますが、日付が2019年7月5日です。

不買運動云々が話題になる前であることは明らかですね。

さらにネットでも

330: 名無し 2019/07/05(金) 11:03:40.41
それは我々の偏見かもしれないよ

ブータンの人がブータンの民族衣装で来日してもインドの人がインドの民族衣装で来日しても
民族衣装だーって思うだけなのにグクにだけ変な意味つけるの良くない

このような声があります。

個人的には韓服来てる=不買運動は流石に無理のある論理だなと感じざるを得ませんでした。

SNSの声

SNSでも様々な声が飛び交っていますが、特に多いのがデマ記事に対する怒りの声でした。

正直今回のデマ記事の論理はひどいと言わざるを得ませんが、ああいった書き方をするとタイトルだけで誤解する人もきっと出るでしょう。

情報を発信するサイトなら、きちんと論理と証拠を揃えて正しい情報を伝えて欲しいです。

まとめ

まとめると

  • BTS不買運動の記事は修正(不買運動してなかったに修正)され、その後削除されていた
  • 引用していた大手ニュースサイトもデマかもと分かった途端軒並み削除
  • 根拠とされていた韓服着用は以前から着用していたことが判明

調べてみるとこれだけの事実が出てきました。

大本の韓国紙の情報が見つからなかったのが残念ですが、BTS不買運動参加のニュース記事はデマだったと言っていいものでしょう。

個人的にはニュースサイトの根性にほとほと呆れたというのが今回の素直な感想です・・・

というか、事実確認ぐらい自社でやった記事だけ出して欲しい。
事実かはよく分からんけど引用して記事にするとか、ツイッターで事実か知らずにデマ情報リツイートする個人アカとレベル変わらないですよ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.