世の中の様々なネタを考察していくブログです。

映画ワンピーススタンピードの敵ボス・バレットの能力をネタバレ!強さ・懸賞金も

2019/08/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

映画ワンピース・スタンピードを観てきました!

なんといっても今作の魅力は世界最強を謳う敵・バレットでした。
正直バレットの強さは想像以上でSNSでもかなり話題になっていました。

今回はそんなバレットの悪魔の実の能力や強さ、報奨金はどのくらいなのかについてネタバレ付きで考察していこうと思います。

映画ワンピーススタンピードの敵ボス・バレットのネタバレ!

悪魔の実の能力はガシャガシャの実の合体人間

スタンピードでの敵として登場するバレットは覇王色の覇気を持ち、生身でも最悪の世代全員を一度に相手取って勝ってしまうほどの強さです。

それにも関わらず、さらに悪魔の実の能力を有していました。

その能力とはガシャガシャの実の合体人間。(パラミシア系能力)

しかも能力は「覚醒済み」です。

能力の詳細を解説すると、バレットは金属などの物質を合体させて自分自身を超巨大なロボットにすることができます。

巨大化には段階が2つあって、映画公開前から出ている上記のビジュアルが「中型バレット」という形態です。
この形態はちょっとダサイとの声も・・・個人的にもちょっと同意かな(笑)

ただ、なんと言ってもヤバいのが覚醒時のロボットのデカさです。
この形態は「大型バレット」という名前のようなんですが、巨大な幽鬼のような見た目になって、不気味でカッコいいです。


出展 ONEPIECE STAMPEDE特典ブックレット

海軍の軍艦なども全て飲み込んでしまい、自分の体として合体したバレットは、島一つ分くらいのデカさはありました。

もはやロボットって感じじゃないですね。巨大な怪物です。

ここからさらに覇気を纏わせて繰り出される拳は、なんと島を丸ごと叩き割ります。

今回はこの最悪の敵を倒すために、ルフィ・サボ・スモーカー・ロー・クロコダイル・ルッチ・ハンコックの奇跡の共同戦線が組まれました。

強さはかつてのレイリーと互角

そもそも劇中で見ていただけで上記で解説したようにバレットの強さは計り知れないものがありました。

ただ、わかりやすく比較対象が欲しいところですよね。

劇中や、特典のブックレット内に登場するバレットの強さの描写として

  • 19歳の頃、ルーキー時代のクロコダイルと戦うも決着はつかず
  • その後、全盛期のレイリーと互角とまで言われるようになる

というものが登場しました。

レイリーと互角はヤバイですよね。

レイリーは老いた状態でも黄猿を止めましたから、そうなると少なくともバレット=大将級の強さと言ってもいいでしょう。

ただ、それでクロコダイルと引き分けるは、ん??となりますが、恐らく19歳の頃はまだ覇気を完全にマスターしてなかったんじゃないかと考察してます。

恐らくですが悪魔の実の覚醒もその後でしょう。

しかしロジャーにはついに勝てずじまいだったとのこと。

ロジャー=全盛期の白ひげ、とすると四皇には一歩及ばない強さだったということになるかな。

この辺はどうしても予測になってしまいますね。

SNSでも様々な考察で溢れてましたが、四皇の次くらいに強いという所感の人が多いようでした。

個人的にはバレットの強さは巨大さとかスケール感がやばかったですけど、やっぱカイドウに勝てるイメージは湧かないですね。

しかしレイリーと互角という一言だけで相当の強さの敵ということが分かるでしょう。

懸賞金を考察!

バレットの懸賞金はどのくらいなのか気になりますね。

バレットの手配書はPVで登場するんですが、途中で見切れてしまってます。

億から先の桁が見切れてるんですが、ルフィは1人ではバレットに勝てませんでしたからルフィの15億よりも高いと思われます。

そして現在最高額の黒ひげの22億。

ここを上回るかですが、黒ひげは現四皇であり、白ひげを倒した後に出た懸賞金がこの額です。

バレットはいくら強いとはいってもこれほどのことは成していませんから(若い頃に国を一つ滅ぼしてますが)、22億よりは低いでしょう。

ここから考察するにバレットの懸賞金は20億程度が妥当だと思われます。

バレットは空白の100年を知っている?

↓(ここからバレット以外に関する物語のネタバレ含む

ちなみにバレットはロジャーと共にラフテルに辿り着き空白の100年を知っていると主張する方もいるようですが、私個人の見解ではこれは間違いではないかと思っています。

バレットはロジャーの船を途中で下りてることが特典ブックレットで明らかになっています。そしてラフテルのエターナルポースが記録されたのも明確にその後と書かれてる。

なぜスタンピードにエターナルポースが登場したかというと、フェスタが海王類の腹から生還した際に、海王類の胃からエターナルポースを持ち帰っていたからです。(バレットが持っていたわけではありません。)

そのため空白の100年を知ってる脅威度がバレットの懸賞金に加算される、ということはないでしょう。

まとめ

今回は映画スタンピードに登場する敵ボス・バレットの強さや能力、懸賞金について考察してみました。

映画ということで連載中の敵より強くしすぎることはできないと思うんですが、ギリギリを攻めてきたなーというくらい絶望感のある敵でした。

バレットがこれほど強くなければあの奇跡の共同戦線は見れなかったので、本当にスタンピードの面白さの根幹となっているキャラでした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.