世の中の様々なネタを考察していくブログです。

風立ちぬの服部さんは課長と部長どっち?声優やモデルについても

2019/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

風立ちぬで主人公・堀越二郎の上司役として登場する服部さん。

いつでも落ち着きがあって大物感が漂っていますよね。

脇役的な立ち位置のため作中でもあまりスポットライトは当たりませんが、どんな人物背景があって声優は誰がつとめているのか、モデルになった人物はいるのか。

気になりましたので今回調べてみました。

作中での服部さん

まずは作中での服部さんの役職や声優、登場シーンから読み取れる性格について見ていこうと思います。

役職は部長ではなく課長

服部さんは二郎の上司であることは分かりますが、どういった役職の設定なのか。

こちらについて調べたところ、服部さんは課長のようです。

一見黒川さんが課長、服部さんが部長のように見えますが、黒川さんは係長的な立ち位置なのでしょう。

風貌的な落ち着きからも部長っぽいので間違いやすいですね(笑)

声優は國村隼さん

服部さんの声優は、俳優の國村隼さんです。


出典 www.ghibli.jp

というか、並べてみると外見似すぎじゃないですか(笑)
(これ見て絶対ビジュアルのモデルは國村さんだと思いました)

演技についても文句なしに服部さんに合っていますよね。

作中の登場シーン、音もなく二郎の机に近づき

「服部です。」

といきなり名乗るシーンはファンの間でも人気の場面ですね。

言ってることは特異なことではないはずなのに、國村さんの演技がすごくいいせいか、絶妙な間と静かなしゃべり方が耳を傾けてしまうんですよね。

作中のシーンから分かる服部さんの性格

服部さんの登場シーンはとても少ないんです。

ちゃんと喋るシーンは

  1. 初登場シーン
  2. カフェでの二郎の設計主任抜擢シーン
  3. 特高から二郎を守るシーン
  4. 二郎を中心とした設計会議をひっそり見守るシーン

この4つのみです。(ちらっと映る程度なら他にもありますが)

少ない登場シーンで存在感をしっかり感じさせるのが服部さんのすごいところだと思います。

どのシーンも服部さんの器の大きさがよく分かる描写がされていますが、個人的にこの中で特に印象的なのはカフェで二郎を設計主任に抜擢するシーンですね。

服部「それだけあればいいだろう。そいつの設計チーフをやりたまえ。海軍昭和七年試作、艦上戦闘機だ」

二郞「……」

黒川「大抜擢だぞ」
出典 風立ちぬ

この後、しばらく黙り込む二郎に対して、黒川さんが「おいっ」と叱ります。
(黒川さんも上司に失礼のないよう気を遣う根っからのサラリーマンですよね笑)

しかし服部さんは”無言で”黒川さんに手を挙げ制します。
(いい、気にするなというニュアンスを感じる動作)

二郎に好きなだけ考えさせてやれという合図でしょう。
このシーン、二郎は手元の資料に夢中で服部さんの無言の制止にも全く気付いていません。

むしろ服部さんは二郎の気が散らないようあえて”無言”で手で黒川さんを制止した。そんな感じを受けました。

このシーンを見て思ったんですが、服部さんからは「自分は上司だから敬われるべき」とかそういうエゴを一切感じないんですよね。


そこがこの服部さんという人物から感じる「器の大きさ」の理由なんじゃないかなと思います。

服部さんのモデルはだれ?

服部さんは主人公の堀越二郎と同じく実在した人物です。

堀越二郎の上司・服部譲次がそのモデルです。

愛知県名古屋市にて育った。1918年、東京帝国大学工科大学を卒業する。大学卒業後は、三菱造船に入社し神戸造船所に配属される。1923年より、三菱造船の名古屋航空機製作所にて設計課と研究課の課長に就任する。その後、三菱造船は三菱重工業に衣替えする。三菱重工業の名古屋航空機製作所にて技術部の部長などを歴任した。在任中は佐野栄太郎や堀越二郎らを見出し、航空機の開発を推進した。
出典 Wikipedia

1923年より、三菱造船の名古屋航空機製作所にて設計家と研究課の課長に就任とありますが、この「三菱造船 名古屋航空機製作所 設計課」が作中での二郎の職場でしょう。

服部さんが課長を務めていたことが分かりますね。
(のちに部長に昇進するようですが)

また、服部さんは史実でも堀越二郎の才能を見出し、抜擢した立役者です。
まだ若い堀越二郎の可能性を見抜き、七試艦上戦闘機の開発主任にします。

作中カフェで服部さんが二郎に設計主任を任せるくだりは実話だったということですね。(実際はカフェとかじゃないとは思いますが)

史実でも部下からの人望厚く、また本人もよく部下を信頼する好人物であったようです。

作中での服部さんは、史実に基づいて器の広い人物として描写されていたんですね。

まとめ

まとめると

  • 服部さんの役職は作中では課長
  • 声優は國村隼さん
  • モデルは実在した堀越二郎の上司・服部譲次
    (ビジュアルのモデルは國村隼さんだと思われる)

でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログを訪れていただきありがとうございます。 少しでも訪れてくれた方の役に立つ情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 徒然なるまま考察ブログ , 2019 All Rights Reserved.